禁止案の採否は「微妙な差」=クロマグロ取引維持に全力−赤松農水相(時事通信)

 赤松広隆農林水産相は5日の閣議後会見で、大西洋・地中海産クロマグロの商業取引禁止を論議する3月のワシントン条約締約国会議の見通しについて「(投票結果は)微妙な差で決まる」との認識を示した。
 締約国会議では、投票国の3分の2以上がモナコの取引禁止提案に賛成すれば禁止が決まる。先にフランスがモナコを支持する姿勢を表明したことで採択される可能性が出てきた。赤松農水相は「(状況を)ひっくり返せるように努力したい」と述べ、禁止回避に向けて関係国への事前の説得に力を入れる考えを改めて強調した。 

【関連ニュース】
〔動画特集〕築地市場マグロ競り-大人の社会見学
【特集】築地発「新鮮!魚の情報」
〔写真特集〕築地市場マグロ競り-大人の社会見学
取引禁止回避へ交渉強化=クロマグロで
大間マグロ、1匹1628万円=築地市場で初競り

火災 給食室の一部焦がす 大阪・住之江の小学校(毎日新聞)
南硫黄島北海域で白煙=海底火山活動か−3管(時事通信)
【中医協】安全な麻酔管理体制を評価(医療介護CBニュース)
石川県輪島市で震度4(時事通信)
政治主導確立法案を閣議決定(産経新聞)
[PR]
by fof1jlechx | 2010-02-10 02:00
<< サンタ姿で放火、男逮捕=事務所... 【視点】山本病院事件 聴取拒否... >>