<峰崎副財務相>「国際線は1社体制でいい」 日航再建で(毎日新聞)

 峰崎直樹副財務相は1日夜、BSフジのテレビ番組で日本航空の再建について、「私は国際線は1社体制でいいと思っている。まずは(日航が国内業務に)集約して得意分野を固め、それからアジアへ進出するなどすればいい」と述べた。

 峰崎氏は「日本の航空会社が生き延びるにはどうするかの議論が十分されていない」とも指摘。「利益をどう上げるのか、よく見えないことが一番の不安材料」と述べ、現在の計画では再建への道筋が不明確との認識を示した。【谷川貴史】

【関連ニュース】
日航:そう長くない人生、世のため人のために 稲盛会長
日航:稲盛哲学浸透なるか 社風改革が課題に 新体制発足
日航:稲盛氏が会長就任、大西氏は社長昇格 新体制が発足
日航:米デルタと業務提携へ 「スカイチーム」に移籍
日航:「安全」アピール 新社長・大西氏、整備畑経験長く

三宅島民3割戻らず…避難解除から5年、復興半ば(読売新聞)
機長と巡視員の「協力不足」指摘=巡視ヘリの送電線接触−運輸安全委(時事通信)
首相動静(1月29日)(時事通信)
陸山会土地購入 石川議員、政治献金800万円記載せず(毎日新聞)
「ライ麦畑でつかまえて」のJ・D・サリンジャー氏、91歳大往生(スポーツ報知)
[PR]
by fof1jlechx | 2010-02-07 15:23
<< <普天間移設>双方の主張を確認... 外国人参政権、拙速避けるべき…... >>